オドイア!

CARNAVAL! Três dias pra sorrir e um ano pra chorar.
オドイア! TOP  >  旅行

世界遺産-武夷山の夜はチャンイーモウのショウが凄い!

世界遺産の武夷山に滞在したが、なんせ福建省の辺境の山村
夜の楽しみは全くない・・・と思いきや、それがすごいものがあったのです
中国を代表する映画監督であるチャンイーモウ(張芸謀)のプロデュースしたショウがありました
その名も「印象大紅袍山水実景演出」です
さっそく出かけてきました。開演は20時から
野外の劇場は1000人くらいはいれるでしょうか、屋根はありません
舞台には茶畑、茶館などが作られており、その他運河や武夷山の岩山も利用されます
いよいよショウが始まります
20160319ショウ踊り
華麗な踊りが披露されます

20160319ショウ竹林
竹を多用した幻想的な群舞

20160319ショウ船
いきなり舞台ではなく、客席自体が動き出します!
360°回転する舞台などはじめてです
これにより、セットと山水の実景がつぎつぎと転換していきます

20160319ショウ群舞
茶畑における群舞は見事です
さすがチャンイーモウ先生ですね、北京オリンピックの素晴らしかった開会式・閉会式を想い出します
口ぱくの女の子ととジミー・ペイジが最高でした!
ただ、この監督さん一人っ子政策の禁をやぶり、ひそかに7人の子供をもうけたことが2013年にばれ
罰金1億3千万円をしはらったことが記憶に新しいけど
お金を払えばいいなんてなんだかね
彼にとってこれくらいはした金でしょ
ちょっと脱線、失礼

20160319ショウ茶館
武夷山における茶の来歴をテーマにしたスペクタクルもフィナーレ
山に映し出されるプロジェクション・マッピングが美しい
出演者の数は200人を超えるのでは さすが中国

20160319ショウ一杯どうぞ
通路側の席だったので特典あり
お茶をのめましたあ 好喝!!! ごちそうさま
さて、武夷山の岩茶のお話は次回で

[ 2016年03月26日 11:17 ] カテゴリ:旅行 | TB(0) | CM(0)

世界遺産-武夷山筏下りへGO!

武夷山天遊峰への登山の翌日、中国で最も美しい渓流といわれる
九曲渓を筏に乗って楽しみました
20160320筏下り入口
この日は前日の晴天と打って変わりあいにく雨模様
しかし、写真でご覧頂けるように、墨絵のような幽玄な風景が広がっていました

20160320筏達
船着き場におびただしい数のがお客を待っていました
竹製の簡素な筏で、客席は6人分、一隻につき船頭が2人着きます

20160320筏出発
いざ出発です
この渓谷は武夷山にいくつかある渓谷のうちの一つ”九曲渓”
全体に浅く、急流部分は少ないのでゆっくり風景を楽しめます
九曲という名前の通り、九つの大きなコーナーがあり
それぞれ異なった趣の風景がつぎつぎ現れます

20160320筏奇岩
奇岩のいたるところに これは観光客が名付けたハンバーガー岩
もとの名前は聞いたが忘れた

20160320筏生物多様性
生物の多様性も豊かで珍しい鳥にも出会えた キジの仲間だそうです 美しい!

20160320筏奇岩2
奇岩の連続 それぞれ名前が付けられており、船頭さんがその来歴を
説明してくれる もちろん中国語である

20160320筏墓場
このあたりは山の切り立った崖に古代の人々の墓があるところ

20160320筏横穴墓
このような横穴が崖の側面の至る所に見られる
もちろんそこに至る道はつけられていない
それぞれの穴に船の形をした棺桶が納められている

20160320船棺桶
これが船棺の実物である 博物館にて撮影
この墓群については、いつの時代に誰が作ったかなどまだほとんど分かっていないそうです
まさに古代のミステリー???

20160320最終コーナー
9曲目から始まり、次々と九曲渓の奇景をたのしみやっと1曲目に
約一時間半の筏下りを楽しみました

20160320帰着
ようやく終点です

20160320甘酢餡かけ
九曲渓の筏下りの感動を語り合いながらの昼食、これまたビールが進んじゃいますね
[ 2016年03月25日 10:01 ] カテゴリ:旅行 | TB(0) | CM(0)

世界遺産-武夷山へ行ってきました

中国福建省にある世界遺産”武夷山”へ行ってきました
ここは美しさでは桂林と比せられる自然遺産と、多様な古跡を持つ文化遺産で構成された複合遺産となっています

まずは山登りから
20160319武夷山入り口
ここは自然公園風景区の入り口です。
いくつかの山で構成されていますが、はじめは最も有名な天遊峰(遊はほんとは氵)に挑戦
20160319武夷山階段
岩山に急な階段が600段以上続きます
この日は天気が良く汗をかきながら登りました
途中で引き返す人も多かったですが、なんとか登りきることができました
20160319武夷山お堂
頂上にあるお堂天遊閣です
皆さん登り切ったので満足顔です
20160319武夷山九曲
頂上から見下ろすと九曲と呼ばれる渓谷が綺麗です
ここは翌日筏で下りながら景色を楽しみます
20160319武夷山彫り物
頂上付近の岩壁には"天下一の山”との壁彫がありました
ここから裏道をくだって下山しました
表の階段はとても急でしたが、裏道は比較的なだらかでした
でも、だいぶ膝が笑っていました
20160319武夷山岩山
やっと下り終えてさっき登った山を見上げたところ
20160319武夷山川魚
山登りは疲れますが、あとのビールは格別ですね
現地の田舎料理で乾杯です
いくらでもビールが進みます








[ 2016年03月24日 12:06 ] カテゴリ:旅行 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

イエマンジャ様のしもべ

Author:イエマンジャ様のしもべ
ボン・ジア!マリオです。ようやくマランドロ生活をはじめました。日々のあれこれを綴っていきます。Valeu!?

今日聴きたい1曲
クララ・ヌネスの名曲:Tristeza e pé no chão 1曲目のみ
夭折したサンバの大歌手クララ・ヌネス。彼女の名曲数あれど、この曲が一番好きかも。哀しくかつ力強く歌うその中でも「クイーカの布を私の涙で濡らし・・・」のくだりで私も涙する。
最新トラックバック
魷カウンター
オドイア!へお越しいただきムイト・オブリガード
イエマンジャ様に代わって感謝いたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR