オドイア!

CARNAVAL! Três dias pra sorrir e um ano pra chorar.
オドイア! TOP  >  好酒好菜 >  ひさびさのシュハスコ・パーティー

ひさびさのシュハスコ・パーティー

我が家の重要イベント、シュハスコ・パーティーをひさびさに開催しました 
2年ぶりくらいかな
シュハスコはポルトガル語でやんす スペイン語ではチュラスコであります
もともとはカウボーイ(ポ語:ガウショ、スペ語:ガウチョ)の得意とする
豪快な野外料理です

247815_122615301156942_4900087_n[1]
この写真は昔アルゼンチン・ブエノスアイレスのガウチョ・レストランで焼き場を見せてもらったところ
肉はそれぞれ一頭丸ごと串にはりつけとなり焼かれております
遠火でじっくり焼くので、普通は焼き上がるまで凄~く時間がかかるものだそうです

我が家のはブラジル風のいわゆるシュハスコであります
基本は串にかたまり肉を刺して焼き、焼けた部分から削いで食べる方式

この日のお客さんは15名ほど  梅雨入りして天気が心配でしたがなんとかセーフ
肉はピカーニャ(イチボ/ランプ)を5kgほど用意しました
20160605シュハスコ肉5kg
  ブラジル人が大好きなBBQ用肉:picachaのブロック

20160605シュハスコリングイサ
もちろんリングイッサ(フラジルソーセージ)も用意しましたよ
この日は僕の好きなはカラブレサタイプ

さて焼き始めます
20160605シュハスコ炎上
Oooopa!おっとっと!炭の入れすぎで火が強すぎました。炎上!で、消火中。

20160605シュハスコ焼上り
問題を克服し、ようやく第一陣が焼き上がりました。うーん、いい具合!

20160605シュハスコモーリョで
早速、自家製ソース(モーリョ・ヂ・ビナグレッチ)をかけていただきます
シマウー(旨し)!!! 和牛とは異なる全く異次元の旨さです
シュハスコが初めての方にも大好評でした

20160605シュハスコパウミット
付け合わせはパウミットのサラダを用意
今回はアサイー椰子の若芽を使用 自家製のポンズジュレもあります

実は、前日に地元のテレビ局から取材の申込があり、考える暇もなく受けてしまいました
20160605シュハスコTV取材
   シュハスコの蘊蓄を語っているところ

さて、皆さんお腹がくちくなったところでおきまりの音楽タイム!
20160605シュハスコボサノバタイム
軽くボサノバなどを披露 けだるい午後のひとときが過ぎていきます

20160605シュハスコ焼きパイン
〆の定番デザート”焼きパイナップル”もしっかり腹におさめ、今回のパーティは
無事お開きとなりました パチパチパチパチ

20160605シュハスコ客疲れ
お客さん嫌いのこの方は、さんざん触られまくられ、だいぶお疲れの様子でしたね
 

スポンサーサイト
[ 2016年07月01日 10:29 ] カテゴリ:好酒好菜 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

イエマンジャ様のしもべ

Author:イエマンジャ様のしもべ
ボン・ジア!マリオです。ようやくマランドロ生活をはじめました。日々のあれこれを綴っていきます。Valeu!?

今日聴きたい1曲
クララ・ヌネスの名曲:Tristeza e pé no chão 1曲目のみ
夭折したサンバの大歌手クララ・ヌネス。彼女の名曲数あれど、この曲が一番好きかも。哀しくかつ力強く歌うその中でも「クイーカの布を私の涙で濡らし・・・」のくだりで私も涙する。
最新トラックバック
魷カウンター
オドイア!へお越しいただきムイト・オブリガード
イエマンジャ様に代わって感謝いたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR