オドイア!

CARNAVAL! Três dias pra sorrir e um ano pra chorar.
オドイア! TOP  >  旅行 >  世界遺産-武夷山産の最高級岩茶「大紅袍」

世界遺産-武夷山産の最高級岩茶「大紅袍」

前日の武夷山天遊峰登山に引き続きこの日も別の山へ登る予定でした
20160320大紅袍キュウリ
  天遊峰頂上でキュウリで喉を癒すわたくし みずみずしいわあ!
ところが一夜明けて天気は雨に変わっていた
急遽予定を変更して、この土地の名物「岩茶」の世界を覗いてみることに

武夷山の岩茶は世界的に有名で、その中でもウーロン茶の一種「大紅袍」
最も貴重で高価なお茶で、お茶世界の王様なのです。
ネットで調べたところ「天心岩の一角、九龍窟と呼ばれる場所に自生する岩茶。原木はあと3本といわれ、青茶の中でも最も貴重な物の1つで、香木にも似た独特な芳香に富み、渋みだけでなく甘みさえ感じる物が多い。また、その香りや味わいが、数煎目まで持続するといわれる。古くは南北朝から知られ、唐の時代には文人・孫樵が「晚甘侯」と賞美していることからも普及の度合いを知ることができる。武夷岩茶の中には、自生している茶の樹及びその接木から作られる「大紅袍」などの著名な高級品もある。このため、一時は、隣接する江西省などを含め、産地にかかわらず武夷岩茶の名を使う例もみられたが、生産者および消費者の保護の観点から、2002年4月10日、中国国家品質監督検験検疫総局は『原産地地域産品保護規定』に基づいて、「原産地域産品専用マーク」を使用することを許可した。これによって、「武夷岩茶」と表示できるのは、武夷山市内にある100余りの認可企業によって生産され、かつ、名岩区または丹岩区の原料を使用し、武夷岩茶としての特質、国家規格に合致しているものに限られている。また、2006年12月1日には、武夷岩茶の国家規格が改正され、原料の地区分け、茶の樹の品種分類、大紅袍の等級区分などを細かく改め、残留農薬や異物の許容量を、従来よりも厳しくした。」とのこと。

などと にわか勉強して、いざ大紅袍の原木をめさしてGO!
20160320大紅袍基地
雨模様で足下が悪いのと、昨日の登山でめげた人々を駐車場にのこと
元気な我々は山に分け入った
いちおう公園になっていて茶畑が管理されている
20160320大紅袍奥へ
大岩の間を進む
狭い地面には様々な種類のお茶が植えられている
20160320大紅袍茶園
石碑にあるように27種類ものお茶が栽培されている
このあたりは、一年中湿潤でお茶に供給される水は岩からの
豊富なミネラルを享受しているため良いお茶に成育するのだとか
20160320大紅袍飛び石
30分ほど、どんどんどん山の奥へ入っていくと
20160320大紅袍原木
ありました。これがあの幻の岩茶「大紅袍」の原木であります
茶人のあこがれです
原木から作った大紅袍は昔は皇帝さまだけ、
いまでは武夷山市長、茶業組合長そして中国共産党最高幹部
だけしか飲むことが出来ないそうです
ちなみに綱紀粛正を強くうちだしている習主席自身は立場上
のんでおられないことと信じておりますよ!
20160320大紅袍茶店
傍らには茶店もあり、大紅袍をうっておりますが、値段を聞かないでよかったわい
20160320大紅袍工場

さて、お茶公園をでて岩茶村のお茶の工場へ向かう
武夷山が世界遺産に登録され、山の中に住みお茶を作っていた人々は
そこから強制的に退去させられたそうです
人々に与えられたのが岩茶村という新しい集落で、現在殆どの人々が
お茶に関する職業で生計をたてています
訪れたお茶の工場は天心岩茶工場という会社でした
20160320大紅袍機械
お茶の製造工程など一通りの説明をうけます
工場内は香ばしいお茶の香りで満ちていました
ただし、まだ茶摘みの季節ではないので、昨年の残り香ということでしょう
20160320大紅袍試飲
見学のあとは、お茶の試飲大会です
もちろん大紅袍、水仙など代表的な岩茶を味わうことが出来ました
以前から興味のあった紅茶の最高峰「金駿眉」も私のリクエストで
試飲することができました(しかし私にはとっても買える値段ではありませんでしが)
これで世界遺産武夷山への旅程は終了し
20160320大紅袍一等車
ラッキーなことに,中国新幹線自強号は一等車(豪華ですが、イスの背が高いため見晴らしは
バツ)に乗ることができ、時速300kmオーバーでブイブイと上海へむかったのでした
完了! おしまい



スポンサーサイト
[ 2016年03月27日 16:08 ] カテゴリ:旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

イエマンジャ様のしもべ

Author:イエマンジャ様のしもべ
ボン・ジア!マリオです。ようやくマランドロ生活をはじめました。日々のあれこれを綴っていきます。Valeu!?

今日聴きたい1曲
クララ・ヌネスの名曲:Tristeza e pé no chão 1曲目のみ
夭折したサンバの大歌手クララ・ヌネス。彼女の名曲数あれど、この曲が一番好きかも。哀しくかつ力強く歌うその中でも「クイーカの布を私の涙で濡らし・・・」のくだりで私も涙する。
最新トラックバック
魷カウンター
オドイア!へお越しいただきムイト・オブリガード
イエマンジャ様に代わって感謝いたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR