オドイア!

CARNAVAL! Três dias pra sorrir e um ano pra chorar.
オドイア! TOP  >  伯剌西爾音楽の愉しみ/巴西音乐的爱好 >  クイーカ革ヘッドの張替をしました

クイーカ革ヘッドの張替をしました

先日のライヴでクイーカの皮ヘッドが破れてしまった!
20150730張替破れたあ
東京あたりだとクイーカヘッドの張替の達人・名人がゴロゴロしているが、
いかんせん地方在住の身なので、近くにはそんな人おらん。
さらに、東京の友人にたのむにも時期最悪。人々は浅草のことしか
考えとらん。頼んでも無視されるのがおちなのは明白なので
今回は久し振りに自分で張り替えてみることに。

これが今回張り替える愛用の一台。
20150730張替ロゴ
ARTCELIORというメーカーのもの。15年前にリオの楽器屋さんで
購入。以来一度も張替なしできたがとうとう破れた。ご苦労さま。合掌!
真鍮製で9.25インチのヘッド。とにかく重いが素晴らしい音が出る。



以下に張替のプロセスを紹介しましょう。ただし、自己流なので
よい子は真似しないようにね。

まず、革を注文。新潟の知り合いのジェンベ屋さんから
山羊革の極薄タイプ(パキスタン製)50cmを注文。
大まかに切り抜いて、バスタブにはった水につけて
柔らかくする。
20150730張替入浴中
浸漬時間は具合を見ながら決めればよく、厚いものほど時間が
かかるが、鞣し具合も関係している。
今回は極薄なのですぐ柔らかくなったが、念のため2日間は
漬けてから作業に入った。

クイーカは革に内側から棒が取り付けられている
20150730張替棒と乳首
これは私の乳首ではありません(もっと黒ずんでおります)!
ヘッド外側の突起であります。この内側に棒の頭がくくられているわけ。
隣はその擦り棒で竹製です。削り方が雑でいかにもブラジル弱小メーカー製らしく
手作り感がいいですね。

次に、柔らかくなった革に棒を取り付けます。
20150730張替かぶせ
くれぐれもヘッドのど真ん中にとりつけるようにね。

位置決めできたら、棒頭の首根っこをひもで縛ります。20150730張替縛り
このクイーカにはもともとロウびきのたこ糸がついておりました。
最近のはやりは新素材の釣り糸だそうなので、沖釣り用の
リールから4号のPE道糸をすこし拝借してきて使用しました。
縛るときにどうしても皺が不均一に入ってしまうので、
均等にテンションをかけつつ糸を巻きつけます。
これは大変難しい工程で神経を使います。
CLOVE HITCH(巻き結び)で2回ほどきつく縛り、
さらに上下3回ほど固結びでガッチリ縛ります。
甘いと演奏中に抜けたりしますし、第一いい音がでません。

次に、木枠に革を巻きつけます。これも難しい作業。
これがもともとついてた木枠。
20150730張替木枠
細い木を曲げて円形の枠にしてあります。重なる部分は
小さな釘で留めてありました。本当に雑なつくりです。
重なる部分は削ってあるものの、他の一本の部分より
厚くなっています。ブラジル的です!

巻き付け方についてはこれまで私は確固たる情報を
持っておりませんでした。そこで破れたヘッドを
じっくり観察してみました。
20150730張替まき付け処理
みて分かるように、このヘッドではまき付けは1回強となっています。

別のクイーカヘッドの破れたものが取ってあったので見てみました。20150730張替まき付け処理B
これも1周は完全に巻いてありますが、余りの革の処理法がことなっています。
想像するに、一周巻きつけて針金などで押さえ、半乾きの状態で
針金を外してからクイーカ本体に取り付けたのではないでしょうか。
(通常は巻きつけたヘッドは濡れた状態で本体にとりつけ乾燥を
待つのだそうです)

原理は頭に入りましたので、いよいよまき付けです。
20150730張替巻き付け
革に皺が寄らないように、均等にテンションを掛けながら木枠
に巻きつけていきます。本来ならここで本体に取り付けてしまうの
ですが、ちょっとした事情でピンチを使用したので半乾きまで
待ちました。約1日でかなり堅くなりました。極薄ですので。

やっと取り付けて作業終了!
20150730張替終了
ヤレヤレです。反省点としては,木枠へのまき付けで
それほど強く張る必要はないようです。乾けばかなり
縮みますので。
音の方はかなりいい音がでてます。革を極薄に換えたので
高くクリアな音が出るようになった。ただし、極薄なので
チューニングで何処までしめるか不明。そして
締め込み過ぎて破れるのが怖い。この年で子供が
できたら困る。極薄!!!

20150730張替邪魔者
こういった作業時にはいつも邪魔が入るのですが、
今回はこっちで遊んでいたので助かりました。







スポンサーサイト
[ 2015年07月30日 16:44 ] カテゴリ:伯剌西爾音楽の愉しみ/巴西音乐的爱好 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

イエマンジャ様のしもべ

Author:イエマンジャ様のしもべ
ボン・ジア!マリオです。ようやくマランドロ生活をはじめました。日々のあれこれを綴っていきます。Valeu!?

今日聴きたい1曲
クララ・ヌネスの名曲:Tristeza e pé no chão 1曲目のみ
夭折したサンバの大歌手クララ・ヌネス。彼女の名曲数あれど、この曲が一番好きかも。哀しくかつ力強く歌うその中でも「クイーカの布を私の涙で濡らし・・・」のくだりで私も涙する。
最新トラックバック
魷カウンター
オドイア!へお越しいただきムイト・オブリガード
イエマンジャ様に代わって感謝いたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR