オドイア!

CARNAVAL! Três dias pra sorrir e um ano pra chorar.
オドイア! TOP  >  スポンサー広告 >  伯剌西爾音楽の愉しみ/巴西音乐的爱好 >  ラウンジコンサート2015年7月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラウンジコンサート2015年7月

リマーバンドに加えていただき、市主催のフリーコンサート通称”ラウンジコンサート
に出演させていただきました。場所はブリック・ホールの国際会議場のラウンジです。
この日は5バンドが出演したのですが、我々はそのトップバッターで登場。まだ外は明るかったです。
20150714ラウンジコンサート
   クイーカが光っていますが、テープ式のLEDを巻きつけてあります。外が明るいのが残念!

演奏曲は
1.Garota de Ipanema(イパネマの娘):言わずとしれたアントニオ・カルロス・ジョビン作曲
 のボサノバの名曲です。わたしはシェイカーとタムボリンを担当。
2.E preciso perdoar(許してあげなきゃ):これもあのジョアン・ジルベルトの名曲です。
 私はシェケレ(プラひょうたんにビーズが絡まっているヤツ、LP社製)を担当。
3.Dream of the return:パット・メセニーの叙情的な曲。私はマラカス(メキシコ製の
 馬革のやつ)と鈴を担当。
4.Maria Maria:MPBを代表する歌手である、ミナス・ジェライス出身のミルトン・ナシメント
 の名曲です。当時軍事政権下でミュージシャンは国内・国外で辛い思いをしたわけですが、
 その当時のことはこの曲をきくと想い出す人もおおいと思います。この曲では私はクイーカを
 担当(練習ではなかなかふさわしいパターンを思いつかず苦労しました)。

の4曲でした。あっという間に終わりましたが、自分自身としては演奏を楽しむことが
できました。

しかしながら、裏の話ですが本番直前に大事件発生!
クイーカの革製ヘッドが破れてしまいましたあーーーー!!!!!!
もう少し高い音をと、しつこくチューニングしたのが悪かったみたい。
3日前のパレードで酷使したせいかもしれません。
駄目かと思いましたが音量は落ちたもののなんとが出せたので
不安ながらそのまま使用しました。あとで聞くと”よく聞こえていたよ”
とのことでした。PAの方に感謝しなければいけませんね。
久し振りにクイーカの皮張りにチャレンジしますかな。

わざわざ聴きに来てくれた、職場の小松さん、黒田さんに感謝!
スポンサーサイト
[ 2015年07月16日 14:13 ] カテゴリ:伯剌西爾音楽の愉しみ/巴西音乐的爱好 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

イエマンジャ様のしもべ

Author:イエマンジャ様のしもべ
ボン・ジア!マリオです。ようやくマランドロ生活をはじめました。日々のあれこれを綴っていきます。Valeu!?

今日聴きたい1曲
クララ・ヌネスの名曲:Tristeza e pé no chão 1曲目のみ
夭折したサンバの大歌手クララ・ヌネス。彼女の名曲数あれど、この曲が一番好きかも。哀しくかつ力強く歌うその中でも「クイーカの布を私の涙で濡らし・・・」のくだりで私も涙する。
最新トラックバック
魷カウンター
オドイア!へお越しいただきムイト・オブリガード
イエマンジャ様に代わって感謝いたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。