オドイア!

CARNAVAL! Três dias pra sorrir e um ano pra chorar.
オドイア! TOP  >  スポンサー広告 >  旅行 >  西双版納はフルーツ天国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西双版納はフルーツ天国

西双版納は中国ではもっとも南西に位置する地方
熱帯気候ではフルーツの多様性はすこぶる高い
今回の旅行でも数多くの熱帯果実を楽しむことが出来ました

20170409果物屋台
                 屋台のフルーツ売り
上を写真は街角の果物売り屋台
中心に切り口を見せているのがジャックフルーツ
その左下がマンゴスチン
右上が釈迦頭(カスタードアップル)
上に竜顔
その右上にはマンゴ(青いパパイヤかも?)

20170409マンゴスチン
                   マンゴスチン
マンゴスチンは熱帯フルーツの女王といわれています
皮は一見硬そうですが、指で簡単に剥けます
もちろん王様はあのドリアンですね

20170409ジャックフル-ツ
              ジャックフルーツがなっている
ジャクフルーツはあまり日本では馴染みがないかもしれないけど
とても上品で美味しい果物です
よくドリアンと間違えられますね
果実は巨大に生長し、大きいものでは40kgにも達するそうです

釈迦頭は僕の大好きなフルーツ 
昔メキシコに留学していたときに味を覚えました
形状はゴツゴツした表面がお釈迦様の頭に似ているところから名付けられました
味は英名のカスタード・アップルが示すようにまるでカスタードクリームのような
ねっとりした甘さがやみつきになります

20170409乾しバナナ
                       干しバナナ製作中

西双版納ではえんえんとバナナの樹が植えられていました
その生産量ははかりしれません
青果市場へ出荷する以外のバナナはこのようにドライ・バナナとして加工されます
干すと甘さが凝縮されて旨さが何倍にもなります

20170409ブーゲンビリア
                          熱帯植物園のブーゲンビリア

熱帯植物園に見事なブーゲンビリアの林がありました
一度、我が菜園に植えたところ、樹は良く成長するのですが
花はなかなか綺麗に咲いてくれませんでした
やはり熱帯の植物なのですね
ちなみにピンクの部分は実は花ではなく、中心部の小さな白いのが
花なんですよ
モデルは今回の旅行でお世話になった張さん(左)です



スポンサーサイト
[ 2017年04月09日 10:22 ] カテゴリ:旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

イエマンジャ様のしもべ

Author:イエマンジャ様のしもべ
ボン・ジア!マリオです。ようやくマランドロ生活をはじめました。日々のあれこれを綴っていきます。Valeu!?

今日聴きたい1曲
クララ・ヌネスの名曲:Tristeza e pé no chão 1曲目のみ
夭折したサンバの大歌手クララ・ヌネス。彼女の名曲数あれど、この曲が一番好きかも。哀しくかつ力強く歌うその中でも「クイーカの布を私の涙で濡らし・・・」のくだりで私も涙する。
最新トラックバック
魷カウンター
オドイア!へお越しいただきムイト・オブリガード
イエマンジャ様に代わって感謝いたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。