オドイア!

CARNAVAL! Três dias pra sorrir e um ano pra chorar.
オドイア! TOP  >  好酒好菜 >  西双版納のご馳走

西双版納のご馳走

旅の楽しみはやはりその土地の食べ物を楽しむこと
中国雲南省の南西に位置する西双版納の旅行で出会った美味しいものを紹介しよう
20170406パイン炒め
                     パイナップルと豚肉の炒め物
印象に残ったのがこれ
肉は少なくほとんどがパイナップル!酸味と甘みのコントラストが絶妙でした
数多くのトロピカルフルーツが楽しめる西双版納でもこのパイナップルは格別に旨いとガイドさん談

20170406脆皮火考鴨
                            脆皮火考鴨
北京ダックの西双版納風である
アヒルの肉質は秀逸で、料理名にあるように皮はパリパリ、肉はジューシー
雲南製哈爾浜ビールがススムススム!

今回の旅行で唯一不満だったのが旅行者が気を利かせて日本人の好みの味に合わせた
料理を手配していたことです  気の回しすぎですよ!
僕としては現地の人達が食べているものと同じものを期待していたのに
見事に裏切られました 悲しかったです

雲南の食は日本の食との共通性がよく指摘されます
発酵食品や蕎麦などがその例です
しかし今回はまったく郷土料理に遭遇できませんでした 
やはりメニューは自分で選ばないとね

20170406納豆
                    納豆を使ったソーズ

そんな中で唯一雲南らしさを味わえた食品は米を使った麺類でしょう
20170406市場麺売り
                       自由市場の乾麺売り

ここでは麺は小麦でなく圧倒的にお米の麺が食べられています
太さも素麺より細いものからきしめんより太いものまでいろいろあります
20170406幅広麺
                       けっこう太い幅広麺

忘れてならないのが雲南省を代表する麺料理「過橋米線」である
米の麺を様々な具で食べる料理だがその由来についてこく簡単に紹介しよう
清朝の頃、この地域に科挙を目指していた青年がいた
ひとり湖の小島で勉強していた
妻は毎日島にかかる橋を渡って食事を運んでいったのだが
どうしても冷めてしまって夫の食が進まないのを気にかけていた
そこで、麺の上にスープと煮えたぎる油を厚くそそぎ、具を別にして
運んで行き夫に食べさせたところ大いに喜び勉学も進んだ
そして晴れて科挙に合格し、その後は富貴な人生を送った
というもの
今回の旅行で絶対食べることが出来るものと思っていたが
残念ながら駄目でした
その代わり、ミニ過橋米線をいただくことはできました
20170406小過橋線麺
                     ミニ過橋米線

あと、雲南ハムも有名ですね
20170406雲南ハム売り
                     市場の雲南ハム売り

中国で最も有名なハムはやはり浙江省の金華火腿(ハム)でしょう
次に有名なのがこの雲南火腿です
作り方は金華火腿といっしょ
まず豚のもも一本を塩漬け、その後吊して乾燥
出荷時には滴った油を全体に塗って酸化を防止
と言う手順
これたのハムは最高のスープができ、また炒め物にも万能です
しかし、いわゆるプロシュートやハモンと同類なのに生ハムとしては
中国の方は絶対にたべません 必ず火を通すんですね
20170406雲南ハム土産
                お土産の雲南火腿

雲南のお茶も有名ですね
代表するのがご存じプーアル(普耳)茶
西双版納の少し北に本家普耳市があります
普耳茶は発酵がかなり進んだお茶で古いものほど良いと言われます
円盤状に固めて売っています
20170406最高級プーアル茶
        最高級の一品

ふらりと入った一軒のお茶屋でビックリ
壁がすべてお茶で出来てました!!!
20170406プーアル茶壁
                    お姉さんの後ろは普耳茶でできた壁

20170406プーアル茶お手前
                    お手前披露中、美味しゅうございました
20170406プーアル茶
           普耳茶もお婆さまも年代物がベスト

皆さん、インドネシアの麝香猫の糞から拾われたコーヒーが最高級品とされているのをご存じでしょうか
ここ西双版納では、象の糞から取ったコーヒが名物だとか! 象糞珈琲
20170406象糞珈琲

さてお味はいかがでしょうか? 今回はこれまで。

           
スポンサーサイト
[ 2017年04月07日 16:57 ] カテゴリ:好酒好菜 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

イエマンジャ様のしもべ

Author:イエマンジャ様のしもべ
ボン・ジア!マリオです。ようやくマランドロ生活をはじめました。日々のあれこれを綴っていきます。Valeu!?

今日聴きたい1曲
クララ・ヌネスの名曲:Tristeza e pé no chão 1曲目のみ
夭折したサンバの大歌手クララ・ヌネス。彼女の名曲数あれど、この曲が一番好きかも。哀しくかつ力強く歌うその中でも「クイーカの布を私の涙で濡らし・・・」のくだりで私も涙する。
最新トラックバック
魷カウンター
オドイア!へお越しいただきムイト・オブリガード
イエマンジャ様に代わって感謝いたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR