オドイア!

CARNAVAL! Três dias pra sorrir e um ano pra chorar.
オドイア! TOP  >  旅行 >  西双版納(シーサンバンナ)の旅

西双版納(シーサンバンナ)の旅

中国雲南省の最南に位置する西双版納(シーサンバンナ)を旅してきました
北緯22度前後ですので、熱帯~亜熱帯の気候です
最高気温は34℃まであがってましたのでもちろん上着を脱ぎ捨て
Tシャツと短パンに着替えました
象の像

宿泊した中心都市景洪市にはメコン川の上流である瀾滄江がながれています
20170324メコン川
                             メコン川となる瀾滄江

この川は遠く中国・西蔵自治区を源流に持つ 大河で東南アジアの各国を経由して
最後にはベトナムの南部で海に注ぎます
20170324メコン川夜景
                             瀾滄江の夜景

雲南省は少数民族が暮らす地方ですが、ここ西双版納ではそのうち26の少数民族がいるそうです
その中でもダントツなのがタイ族という人達で、人工の30%を閉めているそうです
タイ族は平地に暮らすのが特徴で、高床式の家を建てて生活しています
20170324高床式

高床式住居は危険な動物から身を守り、洪水の時も安心です

20170324民族衣装
                             魚の餌を売っている

20170324民族衣装2

20170324民族衣装3
                愛泥(サンズイでなく口)族の少女

20170324民族衣装4

何処の国を旅してもその土地の打楽器が気になる性分
西双版納にもありました! 象の足型の太鼓
20170324象太鼓
                     博物館のエントランスにあった太鼓のオヴジェ
20170324象太鼓本物
                      これが本物の象太鼓

20170324象太鼓売り
                        夜店の太鼓売り

僕もひとつほしくなりました
でも、ここはじっと我慢、昨年似たような太鼓をカンボジアで買ったばかりなのでね
ジェンベと外見はよくにてますが、構造どなっているのでしょうか?

西双版納の食べ物の話は次回で    お楽しみに
スポンサーサイト
[ 2017年03月25日 11:07 ] カテゴリ:旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

イエマンジャ様のしもべ

Author:イエマンジャ様のしもべ
ボン・ジア!マリオです。ようやくマランドロ生活をはじめました。日々のあれこれを綴っていきます。Valeu!?

今日聴きたい1曲
クララ・ヌネスの名曲:Tristeza e pé no chão 1曲目のみ
夭折したサンバの大歌手クララ・ヌネス。彼女の名曲数あれど、この曲が一番好きかも。哀しくかつ力強く歌うその中でも「クイーカの布を私の涙で濡らし・・・」のくだりで私も涙する。
最新トラックバック
魷カウンター
オドイア!へお越しいただきムイト・オブリガード
イエマンジャ様に代わって感謝いたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR