オドイア!

CARNAVAL! Três dias pra sorrir e um ano pra chorar.

台風が通過したばっかりだった
なんとか空港に到着し一安心したところ
なにか様子がおかしい
乗るべき飛行機が台風のせいで到着していないという
それでも5時間遅れで出発することができた やれやれ
シェムリアップへ到着したのは深夜近くなっていた

翌日、いよいよ子供の頃から憧れていたアンコールワットへ
20161014アンコール_ワット参道
                 西塔門をくぐると参道の向こうにアンコール・ワットの姿が現れる
やっと来れたんだという感慨がひしひしと

正面の西門をくぐって中へ
20161014アンコール_ワット説教
               4つある沐浴地には水はなく傍らで僧侶に説教をきく外国人

アンコールワットには3つの回廊があるが、まずはハイライトでもある第三回廊のある中央祠堂に向かう
20161014アンコール_ワット第三回廊階段
                      第三回廊へ登る急な階段
階段は70度の傾斜があり、ツアーによっては危険な為登らないものもある
なかなかスリルがあるが、上まで登ると見晴らしがよく、アンコールワット全体が見晴らせる
20161014アンコール_ワット第三回廊眺め

シェムリアップの街では、この塔より高い建物の建設は禁止されているとか
第三回廊の見所は美しいデバター達である
20161014アンコール_ワット第三回廊デバター
豪華な装飾冠、優美な指先の表情、妖艶な微笑み
20161014アンコール_ワット第三回廊デバター2
手が届くデバターの乳房は黒光りしているものが多い どれだけ触られたのか!
20161014アンコール_ワット第三回廊レリーフ
                            みごとなレリーフも残っている
第三回廊を後にする時間が
20161014アンコール_ワット第三回廊階段下り
                  やはり下りの方が怖いのである、途中で固まってしまう人も

次に、必見のレリーフのある第一回廊へ
20161014アンコール_ワット第一回廊レリーフ
                            乳海攪拌の一場面
ここでは乳海攪拌のシーンが見られる ヒンドゥー教の天地創造神話の一節である
霊薬「アムタリ」を巡って、神々と悪神の阿修羅が1000年にわたり綱引きを行ったという話である
中央がヴィシュヌ神、右側は神々のチーム、左側は阿修羅軍である

20161014アンコール_ワット第一回廊レリーフ3
                         100m近い長さのレリーフは圧巻
1000年もの綱引きの結果、魚たちはミンチとなり海はミルク色のスープとなってしまった
結果、不老不死の霊薬「アムリタ」が産み出されたのだが、阿修羅が先にちゃっかり飲んでしまったのだ!
これはまずいと気づいたヴィシュヌ神が円盤を投げ阿修羅の首を切った
阿修羅は首の分だけ霊薬をのんでいたので、首から上だけが不老不死となったそうな?

20161014アンコール_ワット第一回廊レリーフ2
                           天国と地獄のレリーフ
レリーフは上下三分割されている 上下2段は審判を待つ王族と貴族、下段は地獄の世界が描かれている

半日かけてクメール文化の至宝アンコールワットを見ることができました
20161014アンコール_ワット全景
                        聖池ごしに全景を 5つの塔すべてがみえる

この後アンコールワットい沈む夕日観光をしてから帰路につきました

            
スポンサーサイト
[ 2016年10月14日 17:12 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

イエマンジャ様のしもべ

Author:イエマンジャ様のしもべ
ボン・ジア!マリオです。ようやくマランドロ生活をはじめました。日々のあれこれを綴っていきます。Valeu!?

今日聴きたい1曲
クララ・ヌネスの名曲:Tristeza e pé no chão 1曲目のみ
夭折したサンバの大歌手クララ・ヌネス。彼女の名曲数あれど、この曲が一番好きかも。哀しくかつ力強く歌うその中でも「クイーカの布を私の涙で濡らし・・・」のくだりで私も涙する。
最新トラックバック
魷カウンター
オドイア!へお越しいただきムイト・オブリガード
イエマンジャ様に代わって感謝いたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR