オドイア!

CARNAVAL! Três dias pra sorrir e um ano pra chorar.
オドイア! TOP  >  2016年07月

鹿児島・霧島でパレードし、黒豚シャブシャブで〆

先週末の博多・天神町のサンバ・パレードに引き続き
今週末は鹿児島・霧島市の霧島国分夏祭りでパレードしてきた
20160716霧島_総踊り
知らなかったのだが、このお祭り市民6,000人が総出で踊るというでかいイベントだったのです
あのおはら節など歌いながら、延々と踊りのグループが通り過ぎます

僕はといえば、この祭りに初めて招かれた福岡のエスコーラ”ジンガ・ブラジル”に
混ぜていただいての参加
20160716霧島_ダンサー
          この上なく美しいジンガのダンサーさんたち  大活躍のサーヤも駆けつけてくれた

もちろん僕は踊る人ではなく、バテリア(打楽器隊)でクイーカを担当
20160716霧島_集合
                  出演前の記念撮影 これからはじけるぞー
ところが、この日は天候不順で500mほどのパレードは中止に!!!
しかし、何とかステージでのショウは実施することができたのが救い
クイーカの皮は湿ってしまい、悲惨な状況でしたが、なんとか気合いで乗り切った

ステージショウの動画はこれ

40分とながいです スマホでは著作権の関係で視聴できないみたい PCはOKよ
お疲れ様でしたあ!

20160716霧島_打上会場
             打上会場の居酒屋さん
終了後すぐさま打上会場へいそいそと
20160716霧島_キビナ
              キビナ(キビナゴ)鹿児島の定番刺し身
ビールが旨い!!! サンバの後のビールは格別
サンバをやらない人には決して分からない???
20160716霧島_地鶏焼き
        もちろん霧島地鶏焼きも香ばしく旨し 噛みしめがいのある肉だ
20160716霧島_打上げ風景
      皆そうとう酔っ払ってきたみたい 中央後ろの尖った髪型の紳士がバレリア・ジレのタニヤンさま

翌日は午後出発だったので、付近を散策
20160716霧島_隼人塚
隼人塚という史跡を発見
西暦700年頃の話だが、隼人・熊襲(くまそ)の反乱があり大和朝廷により鎮圧されたのだが
その後、この付近では殺された熊襲の霊の祟りか、悪いことが頻発したらしい
それでこの塚を建立して霊を慰めたところ、悪さは収まったとのこと ふーんそうなのと納得

散策していると当然お腹がすく そんならあれっきゃないでしょう
20160716霧島_黒豚しゃぶ
           鹿児島名物黒豚のしゃぶしゃぶでありんす
20160716霧島_つけ汁
           この店ではしゃぶしゃぶを蕎麦つゆで食す! めずらし
20160716霧島_しめ
           しめは黒豚スープのぞうすい  爽やかにさらさらと
ああ、おなか一杯! 昼酒付きで大満足

おっと、忘れてならないのがお土産でしょう
でも、現在家には猫しか居ないので自分用だけでOK
20160716霧島_土産
鹿児島へ行ったときの自分用定番みやげとは
・芋焼酎(現地でしかかえないやつ)
・腹皮(鰹の腹の部分、少し炙って食す、しょっぱいが酒の肴には最高)
・酒盗(本場の酒盗はうまい。酒盗は塩辛を一度酒で洗ったもの。酒を盗みたくなる?)
・山川漬(いわゆるツボ漬けの刻んでないヤツ。少し甘いが焼酎にはあう。山川は指宿の隣町。鰹節の加工でも有名)

てな土産を抱えて夜半に帰宅
20160716霧島_留守番
待っていたのはやけに馴れ馴れしい毛むくじゃらなおみ足でした

このたびはジンガ・ブラジルのリオさんエレナさんお世話になり、ありがとうございました。また呼んでね。
スポンサーサイト
[ 2016年07月21日 21:47 ] カテゴリ:好酒好菜 | TB(0) | CM(0)

天神新天町サンバパレード2016

はい。今年も福岡天神の新天町サンバパレードにいってまいりました
実はわたくし、昨年限りで引退するはずでしたが、なぜかことしも出てしまいました
妻からはいい加減に年を考えなさいなどとしかられつつ
20160709新天町2016ダンサー
                        ダンサーさんたちのそろい踏みです

年々、このパレードに参加する人数はふえてます
今年は総勢50人を超える規模に成長しました
日本各地から腕自慢のサンビスタがかけつけてくれた結果です

20160709新天町2016パレード
                 アーケード内での熱気溢れるパーフォマンスに観客も大喜び

20160709新天町2016集合
                      パレード終了後山笠のまえで記念撮影

今年のパレードも無事終了しました
皆様おつかれさまでした
[ 2016年07月13日 16:59 ] カテゴリ:伯剌西爾音楽の愉しみ/巴西音乐的爱好 | TB(0) | CM(1)

ひさびさのショーロ・コンサート

梅雨のまっただ中だけど晴れ間が見えた日曜日の午後
九州ではなかなかないショーロのコンサートに行ってきた
東京からカバキーニョの名手だいどうじさかえ氏を迎えたコンサート


イタリアンレストランで美味しいイタリア料理(自家製パンチェッタ美味し)をいただきながら
午後のひととき優しく美しいショーロのアンサンブルを楽しむ
贅沢な時間が流れていく
私の胃にはワインがとめどなく流れる

今回だいどうじ氏以外は九州勢が参戦
20160626choro_nakamura.jpg
      中村美紀子さんはパンデイロで奮闘
佐賀からは、中村美紀子さんがパンデイロとタンボリムで共演

20160626choro_asai.jpg
       クラリネットを説明中の浅井さん
そのほか福岡から10弦ギターの名手、ヨッシーさんのパーフォマンスも
堪能できました。

ショーロの名曲ばかりを聴きながら2ステージ1時間30分はあっという間に
過ぎていきました
もっともっと聴いていたいと言う気持ちになりました

帰り道はコンサートの余韻にひたりながら久留米市に寄り道
かねてより当地の焼き鳥文化に関して探訪しようとおもっていたので・・・
うーん、でも様子が変! お店がやっていない!
そうでした日曜日だったのでした
目当てのお店はお休みだし、ようやく見つけたお店はどこも
満員で入れず
ようやく見つけた駅ビルの焼き鳥店でがまん
念願のこれを食すことができました↓
20160626Kurume_darmu.jpg
そうです、九州人以外は知らないといわれる
ダルム であります
旨し!
[ 2016年07月05日 10:03 ] カテゴリ:伯剌西爾音楽の愉しみ/巴西音乐的爱好 | TB(0) | CM(0)

ひさびさのシュハスコ・パーティー

我が家の重要イベント、シュハスコ・パーティーをひさびさに開催しました 
2年ぶりくらいかな
シュハスコはポルトガル語でやんす スペイン語ではチュラスコであります
もともとはカウボーイ(ポ語:ガウショ、スペ語:ガウチョ)の得意とする
豪快な野外料理です

247815_122615301156942_4900087_n[1]
この写真は昔アルゼンチン・ブエノスアイレスのガウチョ・レストランで焼き場を見せてもらったところ
肉はそれぞれ一頭丸ごと串にはりつけとなり焼かれております
遠火でじっくり焼くので、普通は焼き上がるまで凄~く時間がかかるものだそうです

我が家のはブラジル風のいわゆるシュハスコであります
基本は串にかたまり肉を刺して焼き、焼けた部分から削いで食べる方式

この日のお客さんは15名ほど  梅雨入りして天気が心配でしたがなんとかセーフ
肉はピカーニャ(イチボ/ランプ)を5kgほど用意しました
20160605シュハスコ肉5kg
  ブラジル人が大好きなBBQ用肉:picachaのブロック

20160605シュハスコリングイサ
もちろんリングイッサ(フラジルソーセージ)も用意しましたよ
この日は僕の好きなはカラブレサタイプ

さて焼き始めます
20160605シュハスコ炎上
Oooopa!おっとっと!炭の入れすぎで火が強すぎました。炎上!で、消火中。

20160605シュハスコ焼上り
問題を克服し、ようやく第一陣が焼き上がりました。うーん、いい具合!

20160605シュハスコモーリョで
早速、自家製ソース(モーリョ・ヂ・ビナグレッチ)をかけていただきます
シマウー(旨し)!!! 和牛とは異なる全く異次元の旨さです
シュハスコが初めての方にも大好評でした

20160605シュハスコパウミット
付け合わせはパウミットのサラダを用意
今回はアサイー椰子の若芽を使用 自家製のポンズジュレもあります

実は、前日に地元のテレビ局から取材の申込があり、考える暇もなく受けてしまいました
20160605シュハスコTV取材
   シュハスコの蘊蓄を語っているところ

さて、皆さんお腹がくちくなったところでおきまりの音楽タイム!
20160605シュハスコボサノバタイム
軽くボサノバなどを披露 けだるい午後のひとときが過ぎていきます

20160605シュハスコ焼きパイン
〆の定番デザート”焼きパイナップル”もしっかり腹におさめ、今回のパーティは
無事お開きとなりました パチパチパチパチ

20160605シュハスコ客疲れ
お客さん嫌いのこの方は、さんざん触られまくられ、だいぶお疲れの様子でしたね
 

[ 2016年07月01日 10:29 ] カテゴリ:好酒好菜 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

イエマンジャ様のしもべ

Author:イエマンジャ様のしもべ
ボン・ジア!マリオです。ようやくマランドロ生活をはじめました。日々のあれこれを綴っていきます。Valeu!?

今日聴きたい1曲
クララ・ヌネスの名曲:Tristeza e pé no chão 1曲目のみ
夭折したサンバの大歌手クララ・ヌネス。彼女の名曲数あれど、この曲が一番好きかも。哀しくかつ力強く歌うその中でも「クイーカの布を私の涙で濡らし・・・」のくだりで私も涙する。
最新トラックバック
魷カウンター
オドイア!へお越しいただきムイト・オブリガード
イエマンジャ様に代わって感謝いたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR