オドイア!

CARNAVAL! Três dias pra sorrir e um ano pra chorar.
オドイア! TOP  >  2016年05月

あの西原村でバランサ・ライヴ!熊本地震知るよしもなく。

熊本と地震? まったく結び着かない関係
だったのが現実となってしまいました

一躍有名になった益城町のとなりの西原村にその古民家カフェDreamcatcherがあります
古民家を改築した居心地のすこぶる良いカフェで、ブティックも併設しています

11954767_847523802030444_132117854649546966_n[1]
         気持ちのいい風の吹き渡るカフェの中庭でパゴーヂ、ここはブラジル?

日本を代表するサンバ・バンド”バランサ”が驚くことに一年に何度も
やってきてくれるんですよ!
12506557_942163929211086_2069643417_n[1]
    これは2月にあったライブのちらし

で、わたくしも出かけてきました
その時のライヴの様子がユーチューブにアップされてましたので紹介しましょう

                店内でのライヴも佳境に入って・・・

演奏曲を紹介しておくと
①フェイジョアーダ・コン・寿司
②A Batucada dos Nossos Tantãs
③Uma estrada de vida
④Amanhã
⑤この場所から
⑥Vou festejar
⑦セレージャ賛歌

で、私も恥ずかしながらクイーカで出てるんですが
映像を見て反省しきり
1.パターンが一本調子で単純
2.遅れ気味→もっと突っ込んでよいかも
ごめんなさーい、DenさんCokkyさーん!!!キャスィーさん!

このライヴの2ヶ月後に熊本地震が来たんです!
さて、この古民家カフェDreamcatcherさんですが
熊本地震でだいぶ被害をうけてしまったようです
最近になり市内の仮店舗で営業を再開したという
知らせをうけ、ほんの少しですがホッとしました
がんばれ! Com todas as forças!





スポンサーサイト
[ 2016年05月26日 15:16 ] カテゴリ:伯剌西爾音楽の愉しみ/巴西音乐的爱好 | TB(0) | CM(0)

悪事を反省

中国時代小説が大好き
長い歴史、広大な土地、様々な民族のゆえ
エピソードに満ちている

中国の歴史上の英雄と言えば
漢建国時の項羽と劉邦、三国志の関羽、諸葛孔明、水滸伝の宋江ら108名
などがすぐに思い浮かぶが、日本人にはあまり知られていない北宋/南宋時代の
英雄に”岳飛”がいる。中国人だったら子供でも知っている悲劇の英雄である

岳飛の活躍を描いた中国大河ドラマ(総製作費32億円、構想7年だそうです)
がBSで放送されていたので中国語の勉強もかねて視聴し、最近見終えたところ
BSS100154_photo01[1]

少し前に北方謙三著の岳飛伝を読んでいたので、描き方の違いなど
楽しみながら見ることができた
23585[1]
この時代、宋は北から進入してきた金により長江(揚子江)の南まで領土を
狭められるが、失地回復に奮闘した岳飛はヒーローとして
人々から絶大な信頼をえていた
20150716175313777[1]
    彼の背中には、母が彫った”尽忠報国”という入れ墨が

しかし、彼の活躍を妬み、敵国金のスパイの手先となった
宰相の”秦檜”がことごとく邪魔をし、最後には殺されてしまうのである
yjimageW938JY4N.jpg
      右が秦檜、左は養子の秦喜
なので、岳飛を愛する中国人にとって秦檜は決して許すことの
できない大悪人なのである

2006年に仕事で浙江省の杭州に行ったことがある
杭州は南宋の都であったので、いろいろと当時の史跡が多い
西湖の近くに”岳飛廟”があるというので、仕事の合間にでかけた
この廟には秦檜の反省像が置かれている
20160508秦檜夫婦
    手下の張俊と万夷離も同所で反省させられている
20160508秦檜
           これが秦檜 左目上部は殴られた跡が
昔から、訪れた人々はかならず、ツバや痰をを吐きかけ、殴り、放尿までしたという
さすがに、今では禁止となっている
20160508吐くな
     壁には「文明的に観光しましょう 痰を吐かないでください」と書かれている
20160508反省
     せっかくなので僕もこれまでの悪事を深く反省   奥が秦檜、手前は婦人の王氏

観光のあとはもちろんお腹がすいた
杭州は美食の都でもある
20160508乞食鳥
                        名菜:乞食鶏
富貴鶏ともいう。昔、腹のへった乞食が偶然にも鶏を手に入れた。調理するすべがなかったので、仕方なく泥で鶏を包み、土中に埋め、その上でたき火をした。その後、鶏を掘り出して食べたところ、柔らかくて大変に美味であった。これがきっかけとなって、改良が加えられ、「下味をつけた鶏を蓮の葉で巻き、さらに粘土で全体を包み、オーブンで蒸し焼きにする」という料理法が考案されたのだという。鶏のウマミが余すところなく閉じ込められた絶品料理である。

20160508龍井エビ炒
           名菜:海老の龍井茶炒め
杭州は緑茶”龍井茶”の産地でもある。このお茶は料理にもよく使われる
これは海老をお茶で炒めた料理であるが、ほのかな茶の香りが海老に
なんとも繊細で旨い逸品である
もちろん、浙江の銘酒紹興酒がどんどん進むのである
[ 2016年05月20日 10:43 ] カテゴリ:晴釣晴耕雨読雨DVD | TB(0) | CM(0)
プロフィール

イエマンジャ様のしもべ

Author:イエマンジャ様のしもべ
ボン・ジア!マリオです。ようやくマランドロ生活をはじめました。日々のあれこれを綴っていきます。Valeu!?

今日聴きたい1曲
クララ・ヌネスの名曲:Tristeza e pé no chão 1曲目のみ
夭折したサンバの大歌手クララ・ヌネス。彼女の名曲数あれど、この曲が一番好きかも。哀しくかつ力強く歌うその中でも「クイーカの布を私の涙で濡らし・・・」のくだりで私も涙する。
最新トラックバック
魷カウンター
オドイア!へお越しいただきムイト・オブリガード
イエマンジャ様に代わって感謝いたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR