オドイア!

CARNAVAL! Três dias pra sorrir e um ano pra chorar.
オドイア! TOP  >  2016年04月

キング・メンサー、トーゴの星!

わが地元にトーゴ文化フェスティバルなる催しがやってきた
トーゴって国がどこにあるといわれてすぐ答えられる日本人はすくないだろう
あなたどう?
中央西アフリカですよ!
西隣がガーナといえば想像できる?チョコレートで想像するひとはだいぶ年寄りかも
そんで、日本との国交樹立うん十年(忘れた)を記念してのイベントらしい
トーゴの多様な文化をフィルム、音楽、物販で紹介している

で、その目玉としてトーゴのスーパースター”キング・メンサー”のライブがついていたのである
20160408キングメンサー3
                中心の赤い人がキング・メンサー
音楽のジャンルとしたらキング・サニー・アデなどの系列のアフリカン・ポップでしたが
伝統的なリズムもかなり取り入れられていたので僕としては楽しめた
アフリカの音楽はブラジル音楽の主要なルーツなのだが、いまひとつのめり込めない
のは起承転結がはっきりしていないことで、延々と続く演奏のなかでトランス状態の
ようなグルーヴ感を享受しなければならない点にあると思っている
好きなんだけどのめり込めないのよね

20160408キングメンサー2
                        お客さんも踊り出したアフリカン・ダンス
でも、ライヴとしてはかなり楽しめました
会場中トレインが走り回りました

20160408キングメンサー
                  駐日トーゴ大使まで登場(中央青い服の妖しい人物)
最後は、駐日大使(らしく見えない!)まで登場して踊り狂いました
いい国のようですので、治安さえ良ければ一度いってみたいなあ
スポンサーサイト
[ 2016年04月15日 11:06 ] カテゴリ:伯剌西爾音楽の愉しみ/巴西音乐的爱好 | TB(0) | CM(0)

祝!「ブラジル音楽にサウーヂ!」番組開始半年です

昨年10月から始めた長崎市民FMの音楽番組「ブラジル音楽にサウーヂ!」めでたく6ヶ月を迎えることが
できました。ようやく慣れてきましたが、いかんせんトークの部分は毎回反省の嵐。
20160408放送中
         ときには楽器演奏の実演も(ナナ・ヴァスコンセロス追悼の回)

年明けからの番組テーマをメモっておきましょう
1/4 新年に聴くブラジル音楽
1/11 リオのカーニバルA~Z①リオのカーニバルとは
1/18 リオのカーニバルA~Z②ヂスフィレ解剖(構成とみどころ)
1/25 リオのカーニバルA~Z③サンボドロモの何処で鑑賞する?
2/1 リオのカーニバルA~Z④現地でそして日本で楽しむには
2/8 カーニバルは楽し、でも怖い話
2/15 カーニヴァルのコンクール、結果発表
2/22 マンゲイラが讃えたマリア・ベターニアを聴いてみよう
2/29 マリア・ベターニアの円熟期
3/7 マリア・ベターニア、終わりなき輝き
3/14 ブラジル大衆音楽の父ピシンギーニャ(前編)
3/21 ブラジル大衆音楽の父ピシンギーニャ(後編)
3/28 追悼!ナナ・ヴァスコンセロス
4/4 ポストMPBの歌姫マリーザ・モンチ(前編)
4/11 ポストMPBの歌姫マリーザ・モンチ(後編)

なんと、リオのカーニバル特集を4週、マリア・ベターニャを3週続けてやってしまいました。
都会の商業FMでは決して出来ない快挙!!!???ではないでしょうか?
これは密かな私の老後の楽しみなのです。
まだまだ、頑張りますのでよろしく。気軽にスタジオへ遊びにきてくださいね。

20160408放送中2
[ 2016年04月08日 10:34 ] カテゴリ:伯剌西爾音楽の愉しみ/巴西音乐的爱好 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

イエマンジャ様のしもべ

Author:イエマンジャ様のしもべ
ボン・ジア!マリオです。ようやくマランドロ生活をはじめました。日々のあれこれを綴っていきます。Valeu!?

今日聴きたい1曲
クララ・ヌネスの名曲:Tristeza e pé no chão 1曲目のみ
夭折したサンバの大歌手クララ・ヌネス。彼女の名曲数あれど、この曲が一番好きかも。哀しくかつ力強く歌うその中でも「クイーカの布を私の涙で濡らし・・・」のくだりで私も涙する。
最新トラックバック
魷カウンター
オドイア!へお越しいただきムイト・オブリガード
イエマンジャ様に代わって感謝いたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR