オドイア!

CARNAVAL! Três dias pra sorrir e um ano pra chorar.
オドイア! TOP  >  2015年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バランサ、感動の再会

久しぶりに表参道のプラッサ11
当日はDEN&Cokkyのライヴあり
快調にサンバ、パゴーヂのメドレーが始まる

そこへ、大男が入ってくる
よく見るとGRES SAÚDEの大幹部斉藤明氏ではないか!!!
再会を祝し当然カシャーサで乾杯

しばらくして、一人の山男風の人物が入ってきた
なんとBIC氏ではないか!!!
以前は、単髪だったはずが今は長髪かつ髭面となっており
しばらく誰かわからなかった
BIC.jpg
       クラウジアと再会を喜び合うBIC氏

当然、バランサのオリジナルメンバーDEN&Cokkyの2人も
大感激!!!演奏にも力が入る
ところで、皆さんご存じとおもいますがバランサは
正式名称BALANÇA MAS NÃO CAI
と言いますが、もう結成23年になるんですね
日本を代表するパゴーヂ・グループなんです
BIC氏は2001年よりパンデイロ担当として加入し
大いに活躍しましたが、数年前から高知県に居を移し
有機農法の野菜栽培とCAFEの経営をされている
とのこと
現バランサの2人とは久々の再会だったようです
バランサ再開
            バランサ感動の再会!プラスあきら氏
この日のライヴはお客さんこそ少なかったものの
盛り上がりは素晴らしかった
あまりの心地よさに長居をした結果終電を逃す
それはリオのカーニバルが始まる直前の一夜のことでした
スポンサーサイト
[ 2015年02月26日 10:04 ] カテゴリ:伯剌西爾音楽の愉しみ/巴西音乐的爱好 | TB(0) | CM(0)

ベイジャ・フロールが優勝!Parabéns!

2015年のリオのカーニバル。日曜日と月曜日の2日間にわたり
スペシャルグループのヂスフィレがおこなわれた。
優勝したのはニロポリスのベイジャ・フロールBeija-Flor de Nilópolis
でした。おめでとう!
昨年は7位だったのでよく頑張りました。
Beija5-Porta.jpg
正直、全体的な完成度はきわめて高かったと思います。
apuracao.jpg
        大喜びするプシャドールのネギーニョ

第2位は接戦でサルゲイロ
私の好きなヴィラドウロは惜しくも最下位で来年はグループAで
出場することになります。ジョアンジーニョ13がいた頃の繁栄が懐かしかね!

最後に今年のスペシャルグループのパレードを観た感想をメモしておきます。
【日曜日】
雨だったのが少し残念でしたね。GLOBOのタイトルには「雨もモシダージのパウロの火とを消すことはなかった・・・」などと書いてあった。昨年長崎に来てくれたサウーヂのあかねさんがマンゲイラで出ているはずなので、目を皿のようにして見てたけど発見できず。4000人から見つけるのは至難の業ですね。あと、印象に残ったのは、ヴィラ・イザベルのトランポリンアレゴリア、サルゲイロのバテリアにフライパン隊、同じくサルゲイロのコミサウンの魔法の布(100kgあるという)などでした。

【月曜日】
日曜日のマンゲイラのパレードでベッチ・カルバーリョが倒れて運ばれてたけど大丈夫だったかな?
ポルテーラ:パウリーニョ・ダ・ビオーラがインタビューで「レシーフェから帰ってきたばかりなんよ、あー間に合って良かった」などと言ってた。無人飛行機ならぬ無人アギアが宙を飛んでました。
ベイジャ・フロール:さすが金持ちエスコーラ、すべてが美しく豪華なつくりで目を楽しませてくれる。ネギーニョは元気だなあと思っていたら、それははじめの頃だけで途中からトラックの上で寄りかかって歌ってた。年には勝てない感じ。おや、ネギーニョの隣にロナウジーニョがビオロンを弾いているではないか!別人?コミサウンの楯は凝ってる。人の顔がリモコンで表情を変えるのが面白い。第一casalはポルターメストリ20年のベテラン。最高の優雅さ! 
ウニアン・ダ・イーリャ・ド・ゴベルナドール:まず、クイーカ全員のヘッドが七色に輝く仕掛けびっくり。真似したい。蝶々のバイアーナはとっても綺麗。コミサウンは白雪姫ならぬ黒雪姫と七人の小人でしたが、楽しい構成でした。特筆すべきは、coreopatra(これは何する人?)ラファエルというおでぶちゃんのはしゃぎようが尋常でない。ずっと観ていたかった。 
インペラトリス・レオポルディネンシ:出発前はおなじみLiberdade,liberdade.でイスケンタ。ジーコが元気にステップを最後まで踏み通してた。さすが元ジョガドール! 
ウニードス・ダ・チジューカ: 2014年のカンペオンらしく立派なヂスフィレを展開。コミサウンのファンタジーは秀逸。スイスの伝説などが題材に。バテリアではシェケレ担当が一人目立っていた。アイススケートリンクのアレゴリアが登場。スケート靴でサンバ・ノ・ペをしているのを初めて見る。会場の気温が28度なのによく溶けないなあと思っていたらあとで、本当のアイスでないことも判明。

来年こそ生で観たいです。ホベルトうらやましかあ。


[ 2015年02月19日 09:45 ] カテゴリ:伯剌西爾音楽の愉しみ/巴西音乐的爱好 | TB(0) | CM(0)

ブラジルの3大カーニバルを自宅で楽しむ

いよいよやって来ました。カーニバルシーズン!
ブラジルの3大カーニバルといえば
サルバドールのカーニバルレシーフェのカーニバル
そして、言わずとしれたリオのカーニバルですね。
毎年行きたいのに簡単には観に行けないのが残念。
一度、仕事を休んでリオのカーニバルへ行ったのですが、
あとで周りからたいへんな顰蹙を買ってしまいました。
10日間も休んだので当然ですね。
1-img_6984[1]

しかしながら、嬉しいことに
最近はネット環境が進歩したので、パソコン等で
リアルタイムにパレードの中継を楽しむことが
できるようになりました!!!
ということで、この時期はパソコン画面に張り付いてパレード
鑑賞するのが年中行事となってしまいました。
当然仕事になりませんな

リオのカーニバルの様子は、現地のテレビ局
GLOBOが中継してくれます。
http://g1.globo.com/carnaval/2015/index.html

で、今年のリオのスペシャル・グループのパレード順は
といえば:
GRUPO ESPECIAL
日曜日 2月15日
21h- Viradouro
22h05- Mangueira
23h10- Mocidade
0h15- Vila Isabel
1h20- Salgueiro
2h25- Grande Rio

月曜日 Segunda-feira 2月16日
21h-São Clemente
22h05- Portela
23h10- Beija-Flor
0h15- União da Ilha
1h20- Imperatiz Leopoldinense
2h25- Unidos da Tijuca
となっています。現地時間です。

好きなエスコーラのパレードは絶対見逃さないように
しなくちゃね。
でも、生で観る、いや参加することに勝るものは
ありません。脳天まで突き抜けるバテリアの大音響は
パソコンからは決して出てきません。

サルバドールのカーニバルは2月11日から始まり、
今年は28バンドが街に繰り出すそうです。

それはそうと、
まだ行ったことのないサルバドールとレシーフェ
のカーニバルにはいつになったら行けるのかしら・・・。
[ 2015年02月11日 16:13 ] カテゴリ:伯剌西爾音楽の愉しみ/巴西音乐的爱好 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

イエマンジャ様のしもべ

Author:イエマンジャ様のしもべ
ボン・ジア!マリオです。ようやくマランドロ生活をはじめました。日々のあれこれを綴っていきます。Valeu!?

今日聴きたい1曲
クララ・ヌネスの名曲:Tristeza e pé no chão 1曲目のみ
夭折したサンバの大歌手クララ・ヌネス。彼女の名曲数あれど、この曲が一番好きかも。哀しくかつ力強く歌うその中でも「クイーカの布を私の涙で濡らし・・・」のくだりで私も涙する。
最新トラックバック
魷カウンター
オドイア!へお越しいただきムイト・オブリガード
イエマンジャ様に代わって感謝いたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。