オドイア!

CARNAVAL! Três dias pra sorrir e um ano pra chorar.
オドイア! TOP  >  晴釣晴耕雨読雨DVD

タコ釣れました!

タコの名産地といてば、兵庫県明石が全国的に有名
でも、現在明石のタコの祖先は熊本県天草であることはあまり知らせていない
というのも、昭和30年代にあった冷害で明石のタコは絶滅
そこで、天草から親ダコを移植して復活出来たので今の明石のタコがある
九州では天草がいまでもタコの名産地として知られている
20170811タコ壺
                  陶芸の窯元では茶碗などはもちろん蛸壺も数多く焼かれている

20170811干しタコ
                         土産物屋では多くのタコ商品が並んでいる

20170811タコステーキ
                         レストランでは珍しいタコメニューも

以前からうちの地元の海でもタコ釣りができないかとおもっていた
そこで、天草を訪れた機会に、タコ釣り名人にその極意を伝授してもらった
20170811タコ釣り具
                        手に入れたタコ釣り用の仕掛けイロイロ
タコ釣りは簡単である
疑似餌を底まで下ろして、底を這うようにコツコツと探っていけばよい
タコがいれば疑似餌に抱きつくので、重さを感じたら外れないように巻き上げればよい
名人によれば現在天草で人気の疑似餌は写真中央に写っているタコスッテというもの
バカ釣れするほか、メリットは根掛かりが少ないこととか

天草ではつれるのだろうが、果たして地元で釣れるのか?
半信半疑で早速出船してみた

名人のお言葉は正しかった
釣れちゃいました
20170811タコ釣れたあ
                          ほんとうに釣れた!
いやあ、ビックリしました本当に釣れるんですね
20170811タコ様
                    吸盤の力はスゴイ、もうはがせません
この後大人げなく自慢して回っちゃいましたよ

タコの処理の仕方は予習していたので大丈夫
20170811茹でタコ
                            美しく茹で上がりました
いやあ、美味しいこと!!! もうスーパーで売っているモーリタニアやモロッコのタコは食べれません
ああ、今夜も杯が重なっていきます
スポンサーサイト
[ 2017年09月30日 11:31 ] カテゴリ:晴釣晴耕雨読雨DVD | TB(0) | CM(0)

今年観た中国ドラマのNo.1は

はこれです。 「琅琊榜-麒麟の才子、風雲起こす-」 2015年の作品です。
中国ドラマの常識をくつがえす、重厚な作品でした。脚本、俳優、衣装、音楽、映像・・・すべてが素晴らしかったと思います。
簡単に言ってしまえば、復讐と名誉復活劇なのですが、ストーリー展開のおもしろさと仕掛けに降参。当年中国の関連賞を総なめにしたのもうなずけます。まだ観られてない方には絶対にお勧めします!
20161216ろうやぼう_梅長蘇
悲劇の主人公、梅長蘇。いわゆるやくざ組織の長だったが、復讐を果たすため勢力争いをしている皇子達に近づいていく

ドラマにはこれでもかと美女が登場しますが、それぞれ重要な役割をもっていた。
お気に入りの美女を選ぶとすると
20161216ろうやぼう_げい凰郡主
この方は、雲南王府郡主・穆霓凰。林殊(長蘇の本当の名前)の許嫁でしたが、彼は戦いで死んだと思っていて後に活きていることを知ります。彼が現れたときには全く顔貌が変わっていたので。

20161216ろうやぼう_秦磐弱
この美女は秦磐弱といって、第五皇子の参謀役。どちらかというと悪役である。

「琅琊榜-麒麟の才子、風雲起こす-」全54話はともかく面白い作品ですので、是非皆さんにご覧いただきたいとおもいます。
2017年には続編も制作される予定とか。これも楽しみです。
[ 2016年12月16日 11:06 ] カテゴリ:晴釣晴耕雨読雨DVD | TB(0) | CM(0)

悪事を反省

中国時代小説が大好き
長い歴史、広大な土地、様々な民族のゆえ
エピソードに満ちている

中国の歴史上の英雄と言えば
漢建国時の項羽と劉邦、三国志の関羽、諸葛孔明、水滸伝の宋江ら108名
などがすぐに思い浮かぶが、日本人にはあまり知られていない北宋/南宋時代の
英雄に”岳飛”がいる。中国人だったら子供でも知っている悲劇の英雄である

岳飛の活躍を描いた中国大河ドラマ(総製作費32億円、構想7年だそうです)
がBSで放送されていたので中国語の勉強もかねて視聴し、最近見終えたところ
BSS100154_photo01[1]

少し前に北方謙三著の岳飛伝を読んでいたので、描き方の違いなど
楽しみながら見ることができた
23585[1]
この時代、宋は北から進入してきた金により長江(揚子江)の南まで領土を
狭められるが、失地回復に奮闘した岳飛はヒーローとして
人々から絶大な信頼をえていた
20150716175313777[1]
    彼の背中には、母が彫った”尽忠報国”という入れ墨が

しかし、彼の活躍を妬み、敵国金のスパイの手先となった
宰相の”秦檜”がことごとく邪魔をし、最後には殺されてしまうのである
yjimageW938JY4N.jpg
      右が秦檜、左は養子の秦喜
なので、岳飛を愛する中国人にとって秦檜は決して許すことの
できない大悪人なのである

2006年に仕事で浙江省の杭州に行ったことがある
杭州は南宋の都であったので、いろいろと当時の史跡が多い
西湖の近くに”岳飛廟”があるというので、仕事の合間にでかけた
この廟には秦檜の反省像が置かれている
20160508秦檜夫婦
    手下の張俊と万夷離も同所で反省させられている
20160508秦檜
           これが秦檜 左目上部は殴られた跡が
昔から、訪れた人々はかならず、ツバや痰をを吐きかけ、殴り、放尿までしたという
さすがに、今では禁止となっている
20160508吐くな
     壁には「文明的に観光しましょう 痰を吐かないでください」と書かれている
20160508反省
     せっかくなので僕もこれまでの悪事を深く反省   奥が秦檜、手前は婦人の王氏

観光のあとはもちろんお腹がすいた
杭州は美食の都でもある
20160508乞食鳥
                        名菜:乞食鶏
富貴鶏ともいう。昔、腹のへった乞食が偶然にも鶏を手に入れた。調理するすべがなかったので、仕方なく泥で鶏を包み、土中に埋め、その上でたき火をした。その後、鶏を掘り出して食べたところ、柔らかくて大変に美味であった。これがきっかけとなって、改良が加えられ、「下味をつけた鶏を蓮の葉で巻き、さらに粘土で全体を包み、オーブンで蒸し焼きにする」という料理法が考案されたのだという。鶏のウマミが余すところなく閉じ込められた絶品料理である。

20160508龍井エビ炒
           名菜:海老の龍井茶炒め
杭州は緑茶”龍井茶”の産地でもある。このお茶は料理にもよく使われる
これは海老をお茶で炒めた料理であるが、ほのかな茶の香りが海老に
なんとも繊細で旨い逸品である
もちろん、浙江の銘酒紹興酒がどんどん進むのである
[ 2016年05月20日 10:43 ] カテゴリ:晴釣晴耕雨読雨DVD | TB(0) | CM(0)

冬野菜出来たあ!

の額ほどの家庭菜園
昨年秋口に植え付けした野菜達がそろそろ収穫できるほどに
育ってきた
20160131冬野菜の収穫
先日の大雪暴風雪でだいぶやられたのだがなんとか
壊滅は免れた

20160131子宝菜
     これは初めて作ってみた子宝菜
つぼみ菜という名前で市場にでまわっているので
食べたことはあった。えぐみは少なくサラダでも食べられる
歯ごたえが嬉しい 天ぷらでも旨い 今晩が楽しみ!

20160131タアサイ
      おなじみタアサイである
中国野菜のタアサイはビタミン豊富な冬野菜
虫もつかずに立派に育った
うちの野菜はもちろん無農薬栽培である
やはり炒め物かおひたしであろう

20160131菜の花
        菜の花です(ピント呆けてます)
寒いのでしばらく畑に行くのをサボっていたら
もう花が咲いてしまった 綺麗だけどね
蕾がまだ残っているものを少量だが収穫
これもおひたしの辛子醤油あえがよいかも

畑にはあと、コリアンダー(香菜)、ブロッコリー、空豆
ケール、キャベツ、芽キャベツなどが残っているので
収穫がたのしみである
[ 2016年01月31日 11:19 ] カテゴリ:晴釣晴耕雨読雨DVD | TB(0) | CM(0)

初マダイ

今年に入ってからまだマダイを釣ってない!
調子悪し。
今日こそはとIMANAJA出船。

軍艦島をかすめ三ツ瀬に到着。
平日なので上礁してる釣り人の姿はまばら。
浮き流しという当地独特の釣り方で仕掛けを入れる。
中潮ということだが喰いは渋い。
本日も駄目かとあきらめかけたそのとき、
強大な浮きが海面に引きづり込まれた!
20150508初マダイ
やがて桜色に輝く魚体が姿をみせた。
僕にとって初マダイです。IEMANAJA様に感謝。
刺身、昆布締め、潮汁などつくろうか。
帰ろ。

20150508耳無し
留守番ごくろう!おや、片耳はどこやった?

[ 2015年05月10日 16:18 ] カテゴリ:晴釣晴耕雨読雨DVD | TB(0) | CM(0)
プロフィール

イエマンジャ様のしもべ

Author:イエマンジャ様のしもべ
ボン・ジア!マリオです。ようやくマランドロ生活をはじめました。日々のあれこれを綴っていきます。Valeu!?

今日聴きたい1曲
クララ・ヌネスの名曲:Tristeza e pé no chão 1曲目のみ
夭折したサンバの大歌手クララ・ヌネス。彼女の名曲数あれど、この曲が一番好きかも。哀しくかつ力強く歌うその中でも「クイーカの布を私の涙で濡らし・・・」のくだりで私も涙する。
最新トラックバック
魷カウンター
オドイア!へお越しいただきムイト・オブリガード
イエマンジャ様に代わって感謝いたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR