FC2ブログ

オドイア!

CARNAVAL! Três dias pra sorrir e um ano pra chorar.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西安旅行

最近ブログの更新サボってるなあ
原因はインスタやWeChatに写真やメッセージをアップすると
あらためて投稿する気持ちが鈍ることだとおもう
こんなことではいかん!ということで先日訪ねた中国陝西省の古都西安の報告を

西安_南門
西安は言わずとしれた中国の歴代多くの王朝の都が置かれたところ
かつては長安呼ばれ中原のど真ん中に位置する
中国古代の歴史好きの僕にとって以前から訪れたかったのです

西安_シルクロード
長安はシルクロードの起点でもあますね

唐の時代、西遊記で有名な三蔵法師はここから出発して、天竺より貴重な仏典を持ち帰りました
西安_三蔵法師

奈良の平城京は唐の時代の町並みをコピーしたと教科書にかつてはありましたが
現在は別の説があるそうですよ! 知らなかった
街を取り囲む城壁があるんすが、その上をぐるりと自転車で走ってきました。
なんと一周13kmも!
西安_城壁自転車
いやあ疲れました。この日の万歩計をみたら3万歩を超えてました。ペダリングがカウントされたかは不明?

もちろんあの兵馬俑にも行ってきましたよ。 スゴイ迫力でした。 中国人の観光客のパワーもね。
西安_兵馬俑

さて、もう一つのお楽しみ食べ物について
西安は美味しいもので溢れてます
西安は歴史のある都であるとともに、小麦の栽培も盛んなため
料理と特に点心類のバラエティはスゴイです

まず、有名な餃子宴に出かけました
西安_餃子宴
餃子の専門店、この店ではなんと300種類のレパートリーがあるとか
一人旅でしたのでせいぜい20種類くらいの餃子を頂きました

西安_柘榴
ちょうどザクロ(柘榴)の季節でしたので、屋台のザクロジュースやが至る所に

西安にはウイグルはじめ回教徒も多数くらしています
場内の一角には、モスクもあり隣接して広大な回民街(イスラム教徒の街)
ここがグルメの観光スポットとなっておりレストランや屋台が夜遅くまで賑わっています
西安_回民街

いくつか代表的なスナックを紹介しましょう
西安_肉夾もう店
西安_肉夾もう
これは、ハンバーガーの起源(中国人だけが主張)といわれる「肉夾もー」
専門の屋台が至ると所にあり、普通のレストランでも必ずあります。
この土地の人々のおにぎりみたいな感じかな

名物の「羊肉泡もー」はぜひ現地で味わって見たかった一品
西安_羊肉泡もう前
まず注文するとこのような椀が出てきます
白いパンみたいなものが「もー」で、これをお客は自分の指で細かく千切る作業をさせられます
ちなみに上にかかってる串は紅柳の枝に刺した炙り肉でこれがスパイシーでバカ旨っ!
(ただし、回教徒の店なのお酒はノーグッドなのが辛い)

千切り終えたことを店員に告げると一旦椀を下げ、具とスープを入れてくれます
西安_羊肉泡もう完成
濃厚なスープが「もー」に染み込んでいるのをフーフー言ってかきこみます
ああ、ここまで食べに来た甲斐がありました

帰国前夜は、上海泊まり
せっかくなので上海蟹を食べに行ってきました
蟹販売の専門店で食べることが出来ました
西安_上海蟹
10月はまだ雌の卵巣も太っていて、雄の味噌も充実してきているので雄雌の両者とも楽しめます
これで最小のオーダー4対の雄雌 一人で堪能しました
西安_上海蟹ミソ
上海の紹興酒”石庫門”とともに幸せのひととき

西安_鼓楼

いにしえの都西安への一人旅の報告はこのへんで再見

スポンサーサイト
[ 2018年11月07日 14:42 ] カテゴリ:旅行 | TB(0) | CM(0)

はじめてのスリランカ

昨年末スリランカを旅して来ました
なんせ世界遺産が8つもあるので、ルーティングに苦労しましたが
効率よく廻れたと思います

まずなんといってもハイライトのシギリア・ロック
シギリヤロック_スリランカ2017
                早朝のシギリヤ・ロック 逆光で失礼

急な階段は息が切れますね
シギリヤロック階段_スリランカ2017

途中にはあの有名な美女の壁画が描かれています
壁画美女_スリランカ2017

世界遺産の殆どは仏教関係の遺跡と現役のお寺です
赤涅槃_スリランカ2017

涅槃象_スリランカ2017

寺院の敷地にはどこも沢山の猿がいました
白猿_スリランカ2017
                     白い猿はいい猿だそうです

悪い猿_スリランカ2017
                     こちらは悪い猿

スリランカの人々はほんとうに敬虔な仏教徒で80%を占め、あとはヒンズーとイスラム
お供え花_スリランカ2017
                    お参りには欠かせない花

仏陀にゆかりの遺物もたくさん
これはそのもとで悟りを開いたあの菩提樹の子孫
インドから枝をもってきた
孫菩提樹_スリランカ2017

世界最古で最大の石の本
最古の本_スリランカ2017

キャンディーにある仏歯寺にはお釈迦様の歯が本尊がまつられています
ヘラヘラ祭りの時にはこの歯を載せた象が町中を練り歩きます
仏歯寺_スリランカ2017

観光も一息ついて、南部の都市ゴールへ
初めてインド洋の水に触りました
インド洋_スリランカ2017

子供_スリランカ2017

はじめてのスリランカ
素晴らしい世界遺産の宝庫
やさしい人々
美味しい紅茶を堪能
カレー料理を満喫
またリピートたいと思った国でした

[ 2018年04月18日 10:10 ] カテゴリ:旅行 | TB(0) | CM(0)

2017秋江南の旅

中国江南の旅へいってまいりました
江南とはもともと長江(揚子江)の南の地方のことですが
実際には長江の北岸にある古い歴史を持つ年も含まれるようです
今回は江南の旅でであった酒と食べ物について紹介しましょう

と、すんなりいけばいいのですが旅行初日の朝、飛んで来ちゃいました!!!
20171008北朝鮮ミサイル警報
                      北朝鮮からです
おまけに台風20号も接近してきたのですが、なんとか出発できました

まずはじめに着いたのは烏鎮という浙江省東部にある古鎮
20171008烏鎮ざる看板

烏鎮は水郷の里、多くの運河がめぐらされています
20171008烏鎮夕景

お腹が空きました ご飯の時間です、ホテルのレストランへ
20171008烏鎮レストランメニュー

20171008烏鎮黒米蒸し
                         黒米豚肉蒸し

もちろんお酒も地酒で
烏鎮には三白酒と烏酒という銘酒があります
20171008三白酒
                 これが烏鎮を代表する銘酒”三白酒”
白酒の一種なのでアルコール度は高いですが梨の香りのする甘口のお酒でした

街中の醸造所も尋ねることが出来ました
20171008三白酒瓶並み
                     熟成を待つ三白酒
20171008酒蔵売店
                     暇そうな売店のおばちゃん

20171008烏鎮醤油屋
                     こちらは醤油蔵の醤油瓶

次の目的地は江蘇省の古い都、蘇州と無錫です
20171008恵泉酒
                  無錫の銘酒”恵泉酒”
無錫で飲んだ銘酒は恵泉酒、黄酒の一種でとてもまろやか
古くは宋時代から続くお酒です 清の乾隆帝も賞味したとラベルにあります

食事がおわって気付き悔しかったのはこれ
20171008佛跳壁
                佛跳壁があるじゃないですか
レストランのエントランスに佛跳壁の蒸し竈があるのを発見
佛さんも塀を乗り越えて食べに来たという絶品グルメなんです
残念、あとの祭りでした

無錫の夜小腹がすいたのでホテル近くの店で一杯
20171008エノキ羊肉鍋
                  羊肉とエノキの鍋


上海にもどり最後の晩餐は鮑専門店
世界中のリーダーやセレブが通う店”阿一鮑魚”へ
20171008アワビ
                美味しゅうございました

この店の水槽にはこんなものまで・・・
20171008サンショウウオ
                  オオサンショウウオ!!!
日本では天然記念物ですよね、どんな味?

夜、殆どのメンバーはバンドのナイトクルーズへ行ってしまった
僕は七宝古鎮という街へ初めて行ってみた
古鎮とはいうものの中国では現在どこも綺麗に造り替えられている
ここも例外ではなく、綺麗に観光用になってしまっていたので少々ガッカリ
気を取り直して軽く一杯
20171008刀魚雲呑店
見つけたのは刀魚の雲呑の店

20171008雲呑屋看板

刀魚は上の写真にあるようにスマートな魚で、長江の名物魚だ
春先から夏にかけて長江を遡上してくる
骨っぽい魚だが、肉のあじはとびきり良い

20171008刀魚雲呑板
                    刀魚のワンタンを賞味する 美味!

以上、今回の江南の旅で味わうことができた酒と料理を一部ですが紹介しました

--------------------------------
話題と少しずれますが、今起こっているキャッシュレス社会のこと
スゴイ勢いでスマホでの支払いが進行しています
20171008スマホ支払い
                  こんな小さなお店でも微信支付や支付宝支付が可能
微信支付はウィーチャット・ペイ、支付宝支付はアリペイという支払いシステム
スマホのアカウントを持っていれば、QRコードを読み取るだけで会計が済んでしまうというモノ

乞食でもQRコードを持っているという冗談(本当かも)もあるほど変化が起こっている
これについては項を改めて書こうと思っています
今回はこれまで








[ 2017年10月28日 16:39 ] カテゴリ:好酒好菜 | TB(0) | CM(1)

タコ釣れました!

タコの名産地といてば、兵庫県明石が全国的に有名
でも、現在明石のタコの祖先は熊本県天草であることはあまり知らせていない
というのも、昭和30年代にあった冷害で明石のタコは絶滅
そこで、天草から親ダコを移植して復活出来たので今の明石のタコがある
九州では天草がいまでもタコの名産地として知られている
20170811タコ壺
                  陶芸の窯元では茶碗などはもちろん蛸壺も数多く焼かれている

20170811干しタコ
                         土産物屋では多くのタコ商品が並んでいる

20170811タコステーキ
                         レストランでは珍しいタコメニューも

以前からうちの地元の海でもタコ釣りができないかとおもっていた
そこで、天草を訪れた機会に、タコ釣り名人にその極意を伝授してもらった
20170811タコ釣り具
                        手に入れたタコ釣り用の仕掛けイロイロ
タコ釣りは簡単である
疑似餌を底まで下ろして、底を這うようにコツコツと探っていけばよい
タコがいれば疑似餌に抱きつくので、重さを感じたら外れないように巻き上げればよい
名人によれば現在天草で人気の疑似餌は写真中央に写っているタコスッテというもの
バカ釣れするほか、メリットは根掛かりが少ないこととか

天草ではつれるのだろうが、果たして地元で釣れるのか?
半信半疑で早速出船してみた

名人のお言葉は正しかった
釣れちゃいました
20170811タコ釣れたあ
                          ほんとうに釣れた!
いやあ、ビックリしました本当に釣れるんですね
20170811タコ様
                    吸盤の力はスゴイ、もうはがせません
この後大人げなく自慢して回っちゃいましたよ

タコの処理の仕方は予習していたので大丈夫
20170811茹でタコ
                            美しく茹で上がりました
いやあ、美味しいこと!!! もうスーパーで売っているモーリタニアやモロッコのタコは食べれません
ああ、今夜も杯が重なっていきます
[ 2017年09月30日 11:31 ] カテゴリ:晴釣晴耕雨読雨DVD | TB(0) | CM(0)

電気自動車スゴッ!

天草へバランサのライブに行ってきました
今回は陸路でなくこれで
20170729茂木天草高速船
高速船で天草灘を快走、45分で熊本県苓北に着いちゃいます

まずは腹ごしらえ
20170729天草ちゃんぽん
そうです天草チャンポンです 天草もチャンポンで有名ですよね

お腹がくちくなったところで、早速移動開始
今回はスゴイありがたいプレゼントが待ってましたよ
なんと、高速船で着いた人には電気自動車が無料でレンタルできるキャンペーン!
ピカピカの日産リーフを借りちゃいました
20170729電機自動車
観光振興と電気自動車の普及も兼ねた試みのようです
充電のみ負担で1泊2日まで借りられます
早速、天草観光へGO!

20170729タコ街道                      有明のタコ街道のモニュメント、リアルです

20170729おっぱい岩
               これもリアルです、おっぱい岩
実は、潮の干満を計算に入れてなくて、着いたときは満潮で海の中 泣泣泣

20170729高岡城
                 高岡城二の丸付近

20170729砂嘴
                高岡城から見下ろした美しい砂嘴

夜は本渡でバランサのライヴへ
20170729バランサライヴ                     ますます快調、DENさんとCOKYさん

20170729視力検査
               職場が通販で売っているウナギ視力検査Tシャツを宣伝

楽しいライヴを満喫した天草の夜でした
20170729餃子皮チップス
               天草では変なモノ売ってるね

まだ、少し呑みたりないかな・・・
薄暗い路地にはいると
20170729国際親善ヤモリ
                     ヤモリ(イモリ?)と目があってしまいました
夜は更けゆきます




[ 2017年09月10日 13:52 ] カテゴリ:伯剌西爾音楽の愉しみ/巴西音乐的爱好 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

イエマンジャ様のしもべ

Author:イエマンジャ様のしもべ
ボン・ジア!マリオです。ようやくマランドロ生活をはじめました。日々のあれこれを綴っていきます。Valeu!?

今日聴きたい1曲
クララ・ヌネスの名曲:Tristeza e pé no chão 1曲目のみ
夭折したサンバの大歌手クララ・ヌネス。彼女の名曲数あれど、この曲が一番好きかも。哀しくかつ力強く歌うその中でも「クイーカの布を私の涙で濡らし・・・」のくだりで私も涙する。
最新トラックバック
魷カウンター
オドイア!へお越しいただきムイト・オブリガード
イエマンジャ様に代わって感謝いたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。